キャロリン。の日記

はんなりとゆるりと凛として毅然と桔梗のように清楚に

あなたが守るあなたのこころ・あなたのからだ(森田ゆり)~羽ばたけごんた

 

 

あなたが守る あなたの心・あなたのからだ

あなたが守る あなたの心・あなたのからだ

 

 私の人生が戦いの人生だと書いたが、

一昨日、夕方ごんたが号泣した。

しばし泣いてから、紙に

今の学校になってから一つもいいことがない。引っ越ししたい。

と書いて、紙飛行機にして飛ばした。

それから、

一人で、ぺらぺらと本をめくっていた。

暫く前から寝室に転がっていた本。私が読んであげると言ってもいいという。

で夜遅くになって、2人で外へ出た。

河原の風に吹かれながら、月を見ていた。

「月が出ているから明日晴れるかな?」

「輪がかかっているから曇りかもね。」

「プールは嫌なんだな。」

「どうして?」

「だって、ただどんどん泳ぐだけで疲れる。楽しくない。」

「学校で苛められるの?どうして泣いたの?」

「お姉ちゃんに団子虫を捨てられたから・・・。苛められていないよ。」

「そう、苛められていないけれど、楽しくないんだ。」

「頑張っているんだね。」

「ぼく学校では泣かないよ。

それからね、ぼくは戦いはしないよ。言葉で勝つんだ!地球を守るんだ。平和のために。

誰も信じてくれなくても、一人でも正しいことは通す。ぼくは負けない。」

きっと、学校は大変なんだね。

羽ばたけ、ごんた!